2012年静岡県準指導員検定会(二日目)/応援合宿

2012年3月3日(土)〜4日(日)

長野県:菅平高原スキー場

参加者13名(受検者2名)

準指導員検定会

二日目は朝から残りの2種目の実技検定が行われました。日帰りで応援に駆けつけた1名を加え、受検者2名、サポート11名となりました。

A単位:谷回りー推進 白金ゲレンデ

2名とも1シーズンに渡る養成講習で身につけた要素を表現してきたと思います。

C単位:フリースタイル小回りー不整地 表太郎ゲレンデ

不整地種目は、一昨年、昨年に続きコブ斜面を利用して行われました。前日にサポートメンバーによって作成されたコブ斜面を整備して、検定開始となりました。

全種目終了後、受検者にサポートメンバーから自然と拍手がわき起こり検定終了となりました。

終了後、発表までの間、サポートメンバー、受検者とみんなでリラックスした雰囲気のなかスキーを楽しみました。


 

応援合宿

サポートメンバーは、検定のない時間帯は指導員が自主的にレッスンをしたり、お互いをチェックし合いながら各自練習となります。

今回の菅平はいいコブ斜面がところどころに(固かったですが)できておりましたので、コブ祭りとなりました。


裏太郎チャレンジ(左太郎)コースにて

指導員の方、東京から応援に駆けつけていただきました。


こちらは準指導員の方、ウエアの前が開いているのは暑いのではなく、(ビデオカメラをだして)閉め忘れただけです。


こちらは1級の方、今回の合宿でコブの楽しさに目覚め、自主練習と称して何十回とコブ斜面を滑りまくってたようです。


アクセス数

    いままでのアクセス数:93466
    今日のアクセス数:3

アーカイブ

管理者用