第10回記念 環富士山スキー技術選手権大会(その1)

2012年3月17日(土)〜18日(日)

長野県:白馬五竜スキー場

参加者9名(選手6名)

環富士山スキー技術選手権。実は昨年の大会が10回記念となる予定でしたが、大会直前に震災があり中止となり、一年遅れの10回記念大会となりました。

磐田スキークラブからは6名の選手が本大会にエントリー/参加しました。

この季節は天候が安定しないことが多いのですが、残念ながら一日目は大雨のなか大会開始とあいなりました。


 

8:30 開会式


 

9:30 総合滑降(いいもり コスモリバーコース)

朝の時点で2種目目の大回りが中止と決定し一日目はこの1種目にて競技成立となりました。

雨、霧で視界が悪い、コース内でも雪質が変わりやすく足が取られやすい状況のなかの競技となりました。スピードも出にくいなかでバーン途中からはところどころ板が走る斜面状況で対応力が問われるバーンコンディションだったと思います。


 

対応力の高い滑りで高得点。(濃霧でシャッターチャンスを逃してしまいました)


 

今年は10回記念ということで得点表示は電光掲示板を使用しました。選手には好評でした。


 

大雨でゴールエリアの観戦者が少なめ


 

観戦者はいいもりレストハウスの2階のテラスで雨宿りをしながら応援。


 

ゴールエリアの観戦者は傘をさしている人もちらほら


 

スタートエリアの様子


 

一種目のみの競技となりましたので、午前中に終了となりました。いつもならば翌日に向けての調整などを含め熱心に練習をする磐田スキークラブのメンバーも、さすがに退散をして「そば」を堪能した後、翌日に備えゆっくり休むこととなりました。


 

19:00 ワンコインパーティー

ゲレンデはナイター営業が行われてますが、10回記念大会ということで...


 

抽選会付きの交流会が開催されました。


 

賞品はビンゴで


 

なかには7通りリーチでなかなかビンゴにならない人も(このあと当たりましたが)

背後霊?かぶっているのは景品の帽子です

 

 

 

 

 


アクセス数

    いままでのアクセス数:92036
    今日のアクセス数:11

アーカイブ

管理者用