C級検定員検定会

2014年3月8日(土)〜9日(日)

長野県:車山高原スキー場

静岡県スキー連盟主催の1、2級バッジテスト、クラウン、テクニカルプライズテストが車山高原スキー場にて行われました。バッジテスト、プライズテストともに当クラブからの受検者はおりませんでしたが、これに合わせて行われるC級検定員検定に前週に行われた、当クラブで準指導員検定に合格した1名が受検をしました。

開会式

初日9:30から開会式です。C級検定員受検者6名と1、2級バッジテスト受検者が検定にのぞみます。開会式終了後すぐにバッジテスト受検者は事前講習にゲレンデに、C級検定員受検者はそのまま理論検定となります。

IMG_0914

 

この日の車山高原は最高の天気、また雪質も良好で絶好の検定日和です。

IMG_0918

 

実技検定

午後からのC級検定員の実技検定はバッジテスト(級別テスト)で行われます。今回の検定会は11名の滑走者の全種目を採点する形式で行われました。

まずは採点方法の説明を受けます。

IMG_0919

 

最初の3名が滑った後に目合わせと評価基準の説明を聞きます。

 

IMG_0923

 

その後は各滑走者ごとに点数をつけて行きます。みんな自分の判断で冷静に真剣にジャッジをしていきます。

1級横滑り、2級シュテムターンなどは皆さん養成講習を通してよく勉強しているので判断がしやすかったようです。

 

IMG_0920

こちらは1級不整地小回りのバーン。1レーンのみのコブ斜面でした。

IMG_0924

バッジテスト合格発表

夕方にバッジテストの合格発表があり1級に1名が合格しました。レベルの高い滑りで見事な演技を見せてくれました。特に不整地の安定感は素晴らしかったと思います。

IMG_0930

 

C級検定の合格発表は翌日朝に発表があり、受検された6名が全員合格となりました。


 

これを持ちまして今年の当クラブの受検者が関係する指導者系の検定会はすべて終了となりました。11月の申し込みから約3ヶ月半という長い道のりでしたが、無事1名が指導員/B級検定員。1名が準指導員/C級検定員の資格を手に入れました。またこの行事の帰路でメンバーから白馬五竜で行われていたクラウンプライズに合格という吉報が入りました。1月に1名がテクニカルプライズに合格しておりますので、現時点で今シーズンは2名がプライズテストに合格をしております。今シーズンまだ数名がプライズテスト、級別テストに挑戦するらしいですのでまた吉報が入ることでしょう(願望をこめて)。


アクセス数

    いままでのアクセス数:94102
    今日のアクセス数:33

アーカイブ

管理者用